藤城建設の特徴<3>地域密着、社機貢献

藤城建設は
札幌の地域密着型工務店の中でも
ダントツ 戸建注文住宅 着工数No.1 工務店です。(北海道住宅通信調べ)

地域に根ざした工務店は、なぜ良いのでしょうか?

地域に根を下ろした工務店では、社長はもちろん、社員や大工さんも、ほとんどが地元の人間です。転勤もありません。「お客様とは一生のお付き合い」と、考えています。

それだけに、クレームの出ない家づくりに、大工さんをはじめ全員が責任を持って取り組んでいるのです。
社長の私も、会社の2階に妻と子ども2人と住んでおります。
住宅や土地に関する心配や相談ごとがありましたら、ぜひご連絡ください。

地元の町内会施設設計・施工に、藤城建設が選ばれました。

平成18年11月、東区東雁来会館が完成しました。
平成23年4月、モエレ街づくりセンター・札苗会館が完成しました。
地域の工務店の中から信頼のおける会社として藤城建設が選ばれ、設計・施工を行いました。

藤城建設 施工例

地域医療の中心である診療所を、受注・完成させました。

平成18年9月1日、東苗穂12条2丁目に「さの内科循環器クリニック」が完成しました。
R型の外観で美しいデザインの設計と他社を寄せつけない価格で、藤城建設が受注し、完成させました。

藤城建設 施工例

-院長からの一言-

自由度が高く、納得いく建物になった。

大手ハウスメーカー(M・S社)では、設計(プラン)に自由度が少なく、コスト面に関しても厳しかったし、打合せ段階での設計変更もしにくかった。藤城さんに医院建築を依頼するのは不安があったが、何度か打合せ等を繰り返していくうちに解消された。
建物の構造もしっかりしていて、出来上がりはもちろん納得のいく建物となり、非常に満足しています。