給湯設備

給水・給湯設備は、毎日快適な生活を過ごすために必要不可欠な設備です。
藤城建設ではどのような給水材料を使用しているのか、また、藤城建設で取り扱う給湯設備の種類をご紹介します。

給水配管材料

1.架橋ポリエチレンチューブ

  • いつもクリーンな水を使用できます。
    金属管のような腐食がないので赤水や青水の発生がありません。
  • 水の出がよい。
    パイプ内面に水垢やカルシウム化合物の付着がなく高い流量特性が確保できます。
  • 静かな室内環境を保ちます。
    軽量、柔軟性に優れており、曲げ配管及び長尺配管ができ、ウォーターハンマーなどの不快な音などを発生させません。
  • 高温度のお湯にも対応できます。
    耐久性、耐熱性に優れており、給水・給湯配管の両方に使用できます。
  • 耐久年数が50~60年です。
    パイプの構造が2重になっており寿命が長い材質です。

2.ステンレス配管

写真 ステンレス配管

  • いつもクリーンな水を使用できます。
    赤水・青水・細菌を半永久的に追放した、安心できる水道管です。
  • 耐久年数が100年です。
    継手のパッキン類はシリコーンOリングを採用しており、耐熱温度220℃、耐寒温度-70℃と半永久的な耐久寿命です。

給湯器の種類

電気温水器

写真 電気温水器

  • 安い深夜電力でお湯を沸かし、それを貯湯して使います。
  • 電気を利用しますので燃焼がなく、火災などの危険性が低いです。
  • 燃焼がないため静かな運転音です。

ヒートポンプ給湯器(エコキュート)

写真 エコキュート

  • エコキュートは自然冷媒を使用することによる大気汚染の防止と、エネルギー効率の向上による地球温暖化防止をねらったもので、地球環境にやさしい給湯器です。

エコジョーズ

写真 エコジョーズ

  • 今まで屋外に排出していた排熱(潜熱)を利用し、予熱で温められた水を少ないガス消費量で加熱することにより給湯効率を向上したシステムです。

エコウィル

写真 エコウィル

  • ガスを使用して電気を各家庭で作るシステムで、ガスエンジン発動機を動かし発電します。
  • 電気として30%、熱として40~50%を取り出せるので燃料のエネルギーの70~80%を使うことができる効率の良い給湯器です。