暖房設備

暖房設備は、快適な冬を過ごすために必要不可欠な設備です。
快適な空間を得るためには、外と内を明確に区別し、生活に必要な温度をその空間に保つことが大切です。
それでは、快適な空間を保つために、どのような暖房設備があるのでしょうか。

高効率エアコン

  • 断熱性能の高い家は少しの熱で家中の暖房をカバーできます。また、外気温25℃でも熱を外気から取って室内に運びます。

灯油温水暖房ボイラー

  • 暮らしを快適なぬくもりで包む温水暖房システムです。 熱源機(灯油ボイラー)1台を中心にシステム化し、温水床暖房やパネルヒーターでお部屋を快適に暖房します。室内に熱源が露出せず、空気を汚さないクリーンな暖房システムです。
  • 輻射熱で暖める事によりお部屋のどこにいても快適な空間です。
  • パネルヒーターの色も100色からお選びいただけるので、お部屋のインテリアも自由にレイアウトすることができます。
  • 灯油暖房ボイラー
  • 温水パネルヒーター

電気温水暖房ボイラー

  • 灯油温水暖房システムの熱源を電気ボイラーにしたものです。20℃~80℃の低温水を供給し、建物の負荷に応じて温水温度を自動的にコントロールできますので、室内の温度変化がほとんどありません。オール電化の暖房システムとして使用されています。
  • 蓄熱暖房機と組み合わせることも可能です。
  • 電気を利用しますので燃焼がなく、火災の危険性が少ないです。
  • 電気暖房ボイラー
  • 温水パネルヒーター

蓄熱暖房機

  • お得な深夜電力を使って暖房機の中にある蓄熱材を暖め、日中はその蓄えた熱の輻射熱により暖房を行います。蓄熱しながら放熱もしますので朝もポカポカです。
  • 通常、輻射熱による暖房ですが、ファンによる強制暖房も可能です。
  • ファンヒーターやストーブなどの灯油による暖房と違い、燃料補給の必要がありません。
  • 電気を利用しますので燃焼がなく、火災の危険性が少ないので、お子様のお留守番も安心です。
  • 蓄熱暖房機(暖吉くん)
  • 蓄熱暖房機(暖吉くん)

床暖房の特徴

  • 床から伝わる輻射熱で足元からポカポカです。床面から天井まで心地よい温度でほぼ均一に暖められるので、自然な暖房感が全身を包みます。
  • 灯油温水暖房もしくは電気温水暖房と組み合わせることができます。
  • 床そのものが暖房設備になるため、暖房器具用のスペースが不要になり、お部屋が広々使え、インテリアも自由にレイアウトすることができます。
  • 床暖房は空気の汚れや騒音の心配がない、大変クリーンな暖房システムで、空気が乾燥して生じる不快感もなく、快適な空間を保つことができます。
  • 施工写真
  • 施工写真

理想の暖房(目的・ポイント)

暖房の目的

暖房の目的は、春や秋のような状態をつくることだと思います。人は衣服を身に着ることによって温度に対応していますが、春や秋のさわやかな日のような軽い着衣で心地よく過ごしたいと思います。実は、暖かさよりもむしろ室温は低めでも寒さを感じさせない暖房が理想です。

4つのポイント(理想的な室内環境)

(1)室温 → 18℃~25℃

身体の表面から空気へ熱が伝わるため、部屋の使用目的に合わせて適切な温度に設定します。

(2)輻射熱 → 多く

体温より高い温度の物から熱移動が起こり、直接身体を温めます。

(3)気流 → 少なく

気流速が大きいと、皮膚から水分が気化し熱が奪われます。それと同時に乾燥感を伴います。

(4)湿度 → 35~50%

湿度が低い状態では身体から水分が蒸発し気化熱が奪われます。それと逆に加湿のし過ぎは結露の原因になります。

快適な冬を過ごすためには・・

快適な冬を過ごすためには「湿度を保って部屋を温めすぎない」ことです。
部屋を温めすぎると乾燥につながり体感温度が低く、寒く感じてしまいます。逆にある程度の湿度を保っていれば温度が低くても体感温度は高く、そんなに寒くは感じることはないです。でも、加湿のし過ぎは結露やカビの原因になりますので注意しましょう。